Live Chat

IT サービス・モニタリングと診断

仮想化環境とクラウド環境におけるアプリケーションの統合モニタリング、診断、レポーティング

Webinar: Troubleshooting Slow Logon Problems in Citrix Environments

Wednesday, 29 March 2017

REGISTER NOW

eG Enterprise の特長

重要な IT サービスを素早く、シンプルに、分かりやすく可視化し、分析、レポートできる eG Enterprise は、今日、多くの仮想化、クラウド、シトリックスや仮想化デスクトップ技術を支えていくには無くてはならない存在です。サービスの高可用性の維持、ユーザ生産性とユーザ満足の向上、OPEX の削減、キャパシティ計画の最適化は、eG Enterprise を利用することで得られる主なメリットです。

柔軟なエージェント

Universele Monitoring Agent eG の柔軟なエージェントモデルにより、180 以上のアプリケーション、10 以上の OS、10 の仮想化基盤をサポートし、IT インフラの統合監視を実現します。

導入はとても簡単。eG モニターは OVF テンプレートなどに収めることもでき、あっという間にセットアップ。様々なアプリケーションやサーバを監視できます。

サーバ数や OS 数に基づくライセンス体系で、プロセッサ数やコア数、監視対象アプリケーションの種類に依存しません。

パフォーマンスと分析結果を 360 度方向から可視化

Volledig 360° Performance Inzicht en Analyse仮想化による動的なコンピューティング環境の複雑さは日々増しています。パフォーマンスは一日の中でも、一週間の中でも刻々と変化するため、閾値を手動で設定することは非現実的です。eG Enterprise なら、IT インフラの構成要素に応じて監視すべき箇所も、固定の閾値も、動的な閾値もあらかじめ設定済です。導入後すぐに監視が始められ、IT インフラの日々の変化にも追随しパフォーマンスの変遷を確実に捉えることができます。

eG Enterprise は、ネットワーク、ストレージ、仮想化、アプリケーション、DB といったユーザの体感品質に影響を及ぼす構成要素の依存関係を隅々まで相関分析し、文字通り 360 度の方向からパフォーマンスを可視化します。IT インフラを構成する様々な構成要素間を相関付けることで、eG は溢れかえるバラバラなデータを意味のある分かりやすいパフォーマンスデータへと変換します。

自動根本原因解析

Automatische Root-Cause Diagnose今日の IT インフラは、インフラを構成する要素間で高度に相互依存しているため、ひとつのトラブルが他の構成要素にすぐに影響を及ぼします。仮想化環境の利用やクラウド利用がもたらすこうした新しい相互依存が加速的に増加しています。

eG Enterprise は、仮想化環境をサポートする初の根本原因分析技術を装備。アプリケーションとアプリケーション、アプリケーションと VM、VM と物理アプリケーションの様々なレベルのパフォーマンス・アラートを関連付け、根本原因個所を自動的に特定します。自動根本原因分析機能により、これまで解決まで何日もかけていたパフォーマンス問題を数分のうちに解決できるようになります。

ダッシュボードとレポート

Dashboards en RapportageseG Enterprise は、社内の様々な利用者に応じた画面を提供しています。例えば、リアルタイム・ダッシュボードを数分のうちに作成し、閲覧することもできます。監視データの集約機能により、IT インフラに対する需要や、品質、利用状況を把握するのに役立ちます。

eG Enterprise は、分かりやすいレポートがデフォルトで用意されている他、レポートのカスタマイズも可能です。全体俯瞰可能なパフォーマンスレポートを見れば、IT管理者は特に注意が必要な個所を簡単に把握できます。詳細なレポートを利用することで、IT 管理者はインフラの特定箇所のパフォーマンスをつぶさに把握することもできます。トレンド・レポートや、予測レポートは、キャパシティ・プランニングや、リソース最適化に役立ちます。

eG を使う理由~すべてのコンピュータ管理の事始め

eG Enterprise は、パフォーマンス問題を自動的に識別・分析する唯一の統合監視システム。

リソース

もっと知る

今すぐ eG Enterprise を体験してみる。